スポンサーリンク

府中市民が自己負担0円!つまり無料で葬儀をする方法があります!

府中市民が自己負担0円!

つまり無料で葬儀をする方法があります!

府中市には有名な日華多磨葬祭場があります。

日華多磨葬祭場の家族葬を例に、自己負担0円で葬儀について、みていきましょう。

 

無料で葬儀をする方法

自己負担0円、無料で葬儀をする方法なんて、本当にあるの?

本当にあります・・・・

ですが条件があります。

 

無料で葬儀をするための条件

無料で葬儀をするには条件があります。

お亡くなりになった人が、生活保護受給者である場合に限ります。

 

生活保護受給者の場合、葬祭扶助が適用され、葬儀費用が支給されるのです。

 

最低限の葬儀

葬祭扶助で行われる葬儀は、最低限の葬儀になります。

国民の税金により、葬儀費用が支給されるわけですから、最低限の葬儀になるのは、致し方がありません。

 

基本的に最低限の葬儀とは、火葬のみ、という葬儀になります。

お通夜や告別式など、費用がかかる葬儀式は執り行うことができません。

 

生活保護受給者でも貯蓄があると・・・

生活保護受給者でも、亡くなった後に、もし貯蓄や資産が残っており、葬儀費用がまかなえるのであれば、とうぜん葬祭扶助は適用されません。

貯蓄があるので、貯蓄から葬儀費用を支払うのは当然となります。

 

遺族や近い親族が葬儀費用をまかなえる場合・・

もし、生活保護受給者に遺族や近い親族がおり、その方々が葬儀費用を出せる場合も、葬祭扶助は適用されません。

これは判断が難しいところですが、遺族に支払い能力があるのであれば、遺族が葬儀費用を支払うことになります。

 

遺族が家族葬など葬儀を希望する場合・・

火葬のみではさみしい、葬儀を行ってあげたいと希望する場合は、葬祭扶助を辞退して、自分で葬儀費用を支払うしかありません。

なぜなら葬祭扶助では、最低限の葬儀しかできないからです。

 

葬祭扶助の葬儀費用を受給して、足りない分を補填して葬儀や家族葬を行う・・・

これもできません。

 

この場合、足りない分を補填できるのであれば、最低限の葬儀費用を支払えるとみなされます。

なので葬祭扶助自体が適用されなくなります。

 

葬祭扶助を辞退して葬儀を希望するなら・・

故人のために、葬祭扶助を辞退して、無理してでも葬儀や家族葬をしたい、という遺族もいらっしゃいます。

葬儀をご希望の方に、できる限り安く葬儀ができる葬儀社をご紹介します。

 

以下に、最安値級の葬儀や家族葬を紹介してくれるプロの葬儀社紹介サイトがあります。

→ぼったくり葬儀は回避できる!必ず格安葬儀社に依頼する方法!

 

日華多磨葬祭場で最安値級の家族葬なら・・・

日華多磨葬祭場で家族葬なら、最安値レベルの中のトップレベルの葬儀社をご紹介します。

他の葬儀社と比べてみると、参考になるでしょう。

→日華多磨葬祭場の家族葬!専門家もタメ息!信じられない安さの葬儀社!

 

無料の事前相談

葬儀や家族葬で失敗しないために、一番大事なのは事前相談です。

 

事前相談フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール事前相談

→最初はメールでの無料相談をご希望の方はこちらへ

 

スポンサーリンク