スポンサーリンク

一日葬の流れから、最近話題の理由がわかる!

一日葬の流れから・・・・

最近話題の理由がわかる!

日華多磨葬祭場の一日葬を例に、最近話題な理由、について掘り下げてみていきましょう。

 

一日葬とは・・

一日葬について、まずは簡単に説明からしていきましょう。

一日葬とは、告別式の一日だけで行われる葬儀です。

 

通常の葬儀は告別式の前日には、お通夜が執り行われます。

そのお通夜をすべて省略するのが一日葬です。

 

一日葬の流れ

一日葬の流れを見るまえに、一般的な通常の葬儀の流れを、例として日程付きでみてみましょう。

●ご逝去(6月15日)
●ご遺体の搬送および安置(6月15日)
●葬儀打合せ(6月16日)
●お通夜(6月18日)
●通夜ぶるまい(6月18日)
●告別式および火葬(6月19日)
●精進落としの会食(6月19日)
●収骨(6月19日)

といった流れとなります。

一日葬の場合は、

●ご逝去(6月15日)
●ご遺体の搬送および安置(6月15日)
●葬儀打合せ(6月16日)
●告別式および火葬(6月19日)
●精進落としの会食(6月19日)
●収骨(6月19日)

となるわけです。

 

流れからわかること

一日葬の流れからわかること。

6月18日のお通夜が完全に省略されています。

 

これは、完全に一日分、拘束時間が少なくなっています。

 

現代社会のニーズにあっている

拘束時間が少なくなるということは、現代社会のニーズにあっているのです。

日本の現代社会というのは、会社員のほとんどの場合、会社を休みずらいという現実があります。

 

これは、良くも悪くも日本の昔からの風潮といったところが否めません。

葬儀ですら、日本社会では会社が忙しければ休みづらいのです。

 

一日葬も値段は様々

一日葬も、他の家族葬や火葬のみと同じで、葬儀社によって値段は様々です。

同じような質やサービスでも、葬儀社によって本当に異なるのです。

 

これは、葬儀業界が今現在、昔ながらの高額な葬儀と、ネットの競争などで暴落した低価格葬儀との2つが入り混じっているからです。

どちらを選ぶかた、自分次第なのです。

 

安くて良い一日葬を探そう!

正しく選べば、低価格の葬儀も高額な葬儀も、質やサービスがほとんど同じなのですから、であれば、低価格の葬儀の方がいいに決まっています。

では、どうやって正しく低価格な葬儀社を選べばよいのか?

 

実はとても簡単です。

全国でたくさんの人々が利用している方法です。

もう実は、低価格葬儀は常識で、誰でもできるのです。

→ぼったくり葬儀は回避できる!必ず格安葬儀社に依頼する方法!

 

日華多磨葬祭場で一番安く一日葬

 

日華多磨葬祭場で一番安く一日葬をするのであれば・・

ぜひ、ご覧いただきたい葬儀社があります。

 

評判や信頼性は申し分ありませんので、ぜひ、参考にしてください。

→日華多磨葬祭場の家族葬!専門家もタメ息!信じられない安さの葬儀社!

 

事前相談で安心の葬儀を

事前相談をすることで安心の葬儀を準備することができます。

突然の対応では、できた事が出来ない可能性も起こりえるのです。

 

事前相談フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール事前相談

→最初はメールでの無料相談をご希望の方はこちらへ

 

スポンサーリンク