スポンサーリンク

お布施の料金!ズバリこれです!

お布施の料金とは?

いったいいくらなのでしょうか?

 

 

ズバリ教えます!

日華多磨葬祭場の家族葬を例に、まとめてみました。

 

お布施は檀家の方が高い

檀家と菩提寺はおわかりでしょうか・・・

お墓がお寺にある方々は、そのお寺の檀家の場合がほとんどです。

檀家になっている、そのお寺の事を菩提寺と言います。

 

檀家と菩提寺は、代々、葬儀や法事などでお付き合いがあるのです。

ですから葬儀の時、檀家は菩提寺にお願いするのが当たり前です。

 

この場合、お布施はお寺さんの言い値となります。

昔から伝統的に、お布施とはかなり高額なものです。

 

檀家と菩提寺は、昔ながらの古いやり方を続けていますので、お布施は高額です。

 

お布施はネットの方がかなり安い

お布施はネットの方が安い・・・

それは一体なぜでしょうか?

 

今現在、世の中のお寺さんは、経済的に豊かなお寺さんもあれば、経済的に困窮しているお寺さんもあります。

 

経済的に困窮している、お寺さんは、檀家さんも少なく、お布施もあまり入ってきません。

経済的に苦しんでいるお寺さん達が、インターネットで葬儀のおつとめを安いお布施で集客しているのです。

こうなると価格競争になるので、お布施はどんどん安くなっていきます。

安くしたお寺さんの方が、葬儀の仕事を得られるからです。

 

檀家のお布施の相場

お布施の値段は、戒名のランクにより異なります。

ランクは大まかにわけると以下の3ランクになります。

 

信士・信女・・・40万~

居士・大姉・・・70万~

院居士・院大姉・・・100万~

※地域や場所によって異なります。

※あくまでも目安です。

 

ネットのお布施の相場

 

信士・信女・・・20万~

居士・大姉・・・30万~

院居士・院大姉・・・40万~

※あくまでも目安です。

 

家族葬でも一般葬でもお布施は変わらない・・

お布施の金額というのは家族葬でも一般葬でも、ほとんど変わりはありません。

それはなぜかというと・・・

お寺さんのすることは、家族葬でも一般葬でも、同じだからです。

 

最期に一言

この機会に最期に一言いわせてください。

みなさんにも、とても関係のあることです。

 

現代社会では、葬儀をしない人が極端に増えてきています。

それはなぜでしょうか?

答えは簡単です。

葬儀費用やお布施が高いからです。

 

このままでは、愛する人の葬儀もできない世の中になってしまいます。

どうすればよいでしょうか?

 

格安で素晴らしい葬儀社があれば・・・・

 

実は知らないだけであるのです・・・

実は知らないだけで、格安で優秀な葬儀社はあるのです。

これを知っていたら、葬儀をあげていた人も多くいるでしょう。

 

ぜひ、もしものときのために、みてみてください。

→ぼったくり葬儀は回避できる!必ず格安葬儀社に依頼する方法!

 

事前に調べないとダメなの?

 

格安葬儀社があるのはわかりましたが・・・

事前に調べないとダメなのでしょうか?

 

不幸は突然の場合もあります、そんな時のために・・・

日華多磨葬祭場で低価格で親切な葬儀社をご紹介します。

→日華多磨葬祭場の家族葬!専門家もタメ息!信じられない安さの葬儀社!

 

 

スポンサーリンク