スポンサーリンク

自宅へ弔問!知っておきたい最低限のマナー!

自宅へ弔問!

知っておきたい最低限のマナー!

 

 

家族葬で葬儀に参列できなかったなどという場合に・・・

ご自宅へ弔問する時の最低限のマナーについて・・・

日華多磨葬祭場の家族葬を例に、まとめてみました。

 

日華多磨葬祭場でも家族葬が増加の一途

日華多磨葬祭場でもその他の葬儀場でも、そうです。

家族葬は年々、増加の一途をたどっています。

 

葬儀には参列できずに、後日にご自宅に弔問するケースも増えていくでしょう。

そんな時の最低限のマナーについて、説明していきます。

 

事前の連絡は必須

故人のご自宅に弔問する前に、事前に必ずご連絡をしましょう。

たとえば、喪主が奥様だった場合・・・

 

奥様に事前に連絡をすることになります。

葬儀後は身体的も精神的にも疲れているうえ、葬儀後の様々な手続きがあります。

とにかく大変な状況なのです。

 

そんな最中、ご自宅に弔問したい、なんて問い合わせが、奥様のもとに、たくさんの人からあったとしてください。

奥様の疲れもピークに達するでしょう。

 

こちらからの要望や都合を一方的に伝えるのではなく、なるべく奥様の状況を考慮しつつ、奥様の都合を優先させたスケジュールで弔問するようにしましょう。

 

お香典はお持ちしましょう

お香典をまだ出していない場合は、お香典をお持ちしましょう。

 

もし、お香典を、参列した人に預けたり、書留で出していたりした場合は・・・

お菓子やお線香などを、持っていくとよいでしょう。

 

服装は・・・

服装は必ずしも喪服でなければ、ならないわけではありません。

派手目の服でなければ問題ないでしょう。

数珠は持っていると、大人のマナーとして、よいでしょう。

 

お参りの仕方は・・・・

お参りの仕方は、どうすればよいでしょうか。

ご自宅に弔問した場合、お参りは、ほとんどの場合、お線香です。

 

お線香は何本でもかまいません。

1本か2本が一般的ですね。

 

お線香に火を点けて香炉にさします。

リンがあれば、チーンと鳴らして、数珠を持ちながら手をあわせましょう。

リンの回数もきまりはありません。

1~3回が一般的ですね。

 

ご自宅の弔問・・・最後にこれをお伝えします

ご自宅の弔問について、ご参考になりましたでしょうか?

葬儀について書かせていただいた、この機会に、お伝えしたい事があります。

 

現代社会では、高額の葬儀を行い、後悔している人や困っている人がたくさんいることをご存知でしょうか・・・

葬儀が高額すぎて、葬儀をあげられない人もいます・・・

これは正しい世の中なのでしょうか・・

 

では、どうすれば・・・

実は葬儀は事前に正しい準備をすれば、本当に安くて良い葬儀があげられるのです。

 

正しい葬儀の事前準備

 

正しい葬儀の事前準備とはどうすればいいのでしょう?

 

正しい事前の準備をすれば、葬儀費用が50万、100万安くなる可能性も十分にあります。

ぜひ、以下の方法をご覧ください。

知ってされいれば、誰でも安くて素晴らしい葬儀ができるのです。

→ぼったくり葬儀は回避できる!必ず格安葬儀社に依頼する方法!

 

事前の準備ができない人も

とうぜん、仕事が忙しかったり、急な場合であったりと・・・

事前に準備ができない人もいます。

 

事前に準備ができない人でも、安心の格安葬儀があげられるように・・・

業界でも評判の格安葬儀社をご紹介します。

→日華多磨葬祭場の家族葬!専門家もタメ息!信じられない安さの葬儀社!

 

スポンサーリンク