スポンサーリンク

孫が喪主は問題ありあり?

孫が喪主を行うのは問題なのでしょうか?

いや実はなんの問題もありません。

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬や一般の葬儀における喪主についてみていきましょう。

 

喪主は誰がするべき?

喪主は誰がするべきなのでしょうか?

喪主として一般的なのは、故人の配偶者または長男ですね。

よく見られるパターンです。

 

喪主は孫がしてもよいの?

喪主は孫がしてもなんの問題もありません。

喪主が孫の場合、基本的には故人の配偶者も子も、なんらかの理由で喪主ができない状況にあるわけです。

故人の配偶者や子の次に直系として近い家族は孫ですので、孫が喪主をすることはなんの問題もありません。

 

喪主は誰でもなれるの?

できる限り近い親族がなる事が望ましいですが、喪主は誰でもなる事ができます。

身寄りのない方が亡くなった場合、遠い親戚が喪主として葬儀費用を工面する事もあります。

喪主と施主がわかれていればいいですが、基本的には喪主イコール施主ですので、喪主には経済力が必要です。

※施主とは、葬儀の費用を負担する人

喪主 まとめ

喪主は孫でも大丈夫です。

たとえば故人の孫が喪主で、故人の長男が施主なんて場合もあるでしょう。

 

孫は直系の近い親族なので、喪主をしてもいっさい問題ないのです。

孫というと、かなり若い人を想像してしまうと思いますが・・・

 

故人が100才、長男が80才、孫が60才なんてケースも普通にあります。

こうなると孫が喪主をした方がいいですよね。

 

喪主・・最後にこれだけは知っておいてください。

喪主は誰がやるの?・・

これも大事なことです。

 

しかし、これを機に、みなさんに知っておいてほしい事があります。

葬儀は・・・・

事前準備をしておくと、半額になる!?

これは決して大げさな話ではありません。

本当の話しなのです。

 

事前の準備で格安葬儀を

 

普通に葬儀社に依頼すると驚くほど高額になる理由を知っていますか?

それは、ほとんどの葬儀社が高額だからです。

葬儀は伝統的に高いから仕方がないのです。

 

ですが、実は格安で葬儀をしている人達がいます。

その方々は、格安で素晴らしい葬儀をする方法を知っているのです。

→ぼったくり葬儀は回避できる!必ず格安葬儀社に依頼する方法!

 

日華多磨葬祭場の格安葬儀社

 

方法さえ知っていれば、みなさん格安で親切な葬儀社に無料で出会えます。

だけど忙しすぎたり、急だったりと、その方法さえも試せない人達がいます。

 

ぜひ、以下をご覧ください。

時間がないからといって、適当な葬儀社に依頼するのはやめましょう。

以下の良心的で格安の葬儀社を参考にしてください。

→日華多磨葬祭場の家族葬!専門家もタメ息!信じられない安さの葬儀社!

 

 

スポンサーリンク