スポンサーリンク

葬儀で遺族とはどこまでを言うの?

 

葬儀で遺族とはどこまでを言うのでしょうか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬などの葬儀における遺族についてみていきましょう。

 

葬儀における遺族とは

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬をみてみると・・・・

 

葬儀における遺族とは、亡くなった身内の家族を遺族ととらえています。

 

つまり、夫と妻、子供2人の4人家族で、夫が亡くなった場合、遺族は妻と子供2人ということです。

 

遺族の定義とは・・・

遺族の定義は調べてみても明確ではありません。

 

遺族とは、亡くなった人の家族や親族という説明が一番多いですね。

 

親族も近い親族から遠い親族まで入れると、かなりの人数になります、どこまでの範囲なのかわかりづらいですね。

 

同じ屋根の下で・・

たとえば、3世代が同じ屋根の下で暮らしているとします。

 

つまり、祖父母、父母、子供、ということです。

 

もし、おじいちゃんが亡くなったら・・・・

 

儀における遺族と考えると、おばあちゃん、父母、子供が遺族になりますよね。

 

ですので葬儀の遺族というのは、同じ屋根の下で生計を共にしていた人とも言えるかもしれません。

 

スポンサーリンク