スポンサーリンク

直葬の服装は?

 

直葬の服装は?

 

 

家族葬が増えている日華多磨葬祭場!

直葬も家族葬同様に増え続けています。

 

そんな日華多磨葬祭場の直葬の服装について、説明していきます。

 

直葬の服装

日華多磨葬祭場での直葬の服装!

 

服装は家族葬や一般葬などの葬儀と同様、喪服です。

 

直葬だからといって私服でいいわけでは一切ありません。

 

普通の葬儀と同じと考えておきましょう。

 

数珠も必要

直葬の場合でも、数珠は持っていきましょう。

 

火葬場にもよりますが直葬でも、故人をお見送りする前後に、ほとんどの場合、お焼香ができるタイミングがあります。

 

日華多磨葬祭場の場合は、火葬炉へのお見送りの後に、お釜の前でお焼香をする事が可能です。

 

火葬場によっては、お焼香が不可の場所もあるかもしれません。

 

 

お香典も必要

直葬の場合でも、お香典は持っていきましょう。

 

家族葬や一般葬、直葬など、どんな葬儀形式でもお香典は持っていきましょう。

 

お香典を持って行かないのは、ご遺族からお香典辞退の旨の通達を受けた時だけと考えておきましょう。

 

スポンサーリンク