スポンサーリンク

参列はどこまで呼ぶのが普通なの?

 

家族葬の場合、参列者はどこまで呼ぶのが普通なのでしょうか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬の場合を例にまとめてみました。

 

家族葬の場合の参列者の人数

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬の状況をもとに、参列者の数についてみていきましょう。

 

家族葬の平均人数は、だいたい20名から30名くらいです。

 

家族葬は何親等くらいまで

日華多磨葬祭場では喪主からみて、3親等くらいまでを家族葬に呼ぶ場合が多いです。

 

喪主からみて1親等は、両親や自分の子供です。

 

2親等はおじいちゃんやおばあちゃん、兄弟、自分の孫です。

 

3親等は、おじやおば、おいやめい、自分の曾孫となります。

 

家族葬はどこまで呼ぶ まとめ

自分が喪主で、故人が自分の父親の場合、家族葬に参列するのは・・・

 

自分の叔父や叔母、その配偶者、いとこ

自分の兄弟とその配偶者、甥や姪

おじいちゃん、おばあちゃん

 

やはり近い親族、声を直接かける親族ですね。

 

あとは、訃報を聞いた親族が、また親族に伝えていくので、どこまでの範囲の親族が参列されるかはわかりません。

 

お付き合いの程度によってくるでしょう。

 

スポンサーリンク