スポンサーリンク

喪主の挨拶!娘の場合は?

 

喪主の挨拶!娘さんの場合はどうでしょうか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬を例に、まとめてみました。

 

喪主が娘でも問題ありません

喪主が娘さんであっても、なんの問題もありません。

 

ですので喪主の挨拶も娘さんとなります。

 

女性だからといって、特に問題になることもありません。

 

喪主は配偶者が一番多い

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬をみても喪主になるのは配偶者が一番多いですね。

 

夫が亡くなった場合は、妻が喪主。

妻が亡くなった場合は、夫が喪主。

 

といったケースが多いです。

 

喪主は長男

また喪主は子供の場合も多いですね。

 

喪主が子供の場合、もっとも多いのは長男です。

 

やはり跡取りとなる事を考えると長男が喪主になるのも当然というカタチになります。

 

喪主が長女

喪主が長女という場合も少なくありません。

 

家族でも息子がおらず、娘だけとう世帯も、星の数ほどあります。

 

その場合は、娘さん、つまり長女が喪主をつとめる事になります。

 

長女が喪主の挨拶として、出棺の挨拶や精進落としの前の挨拶などを行います。

 

スポンサーリンク