スポンサーリンク

マナー!お悔やみの言葉!

 

マナー!お悔やみの言葉とは、どんな事を言えばいいのでしょうか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬を例にまとめてみました。

 

一般的なお悔やみの言葉

一般的なお悔やみの言葉、これはみなさんも聞いた事があるのではないでしょうか?

 

「この度は、ご愁傷様でございます」という言葉です。

 

「故人様のご冥福をお祈り申し上げます。」と続ければ、さらに丁寧になります。

 

日華多磨葬祭場の家族葬や一般葬でも、この言葉はよく、お聞きします。

 

親しい仲の場合は・・・

一般的なお悔やみである「この度はご愁傷様でございます」ですが・・・

 

親しい仲の場合は、少しかしこまった表現ですので、違和感が出てしまいます。

 

気軽に「この度はご愁傷様」なんて省略してゆうような言葉でもありません。

 

ですので親しい仲の場合、「この度はご愁傷様でございます」という言い方はいいにくいのです。

 

ですので親しい仲の場合は・・・・

 

たとえばお父さんが亡くなった場合、

 

「お父さんの事きいて、すごく悲しく残念、何か手伝えることがあったら言ってくれ。力になるから。」

 

というように、全力でサポートすると言ってあげましょう。

 

スポンサーリンク