スポンサーリンク

供花のお返しは必要?

 

供花のお返しは必要でしょうか?

 

 

たとえば日華多磨葬祭場の家族葬の場合を例にみていきましょう。

 

供花のお礼は必要

供花のお礼は必要です。

 

やはり供花をいただいたのですから、お礼をするのは当然ですね。

 

お礼などの礼儀を重んじる日本人なのですから、なおさらです。

 

供花のお礼は難しい

実は、供花のお礼は、すこし難しいのです。

 

供花を出される方は、故人と深い関係の方が多いです。

 

ですのでお香典も高額な方が多いです。

 

お香典が高額なので葬儀後に後返しもする事になるのですが・・・・

 

後返しも、それなりに高額なので、供花のお礼は同封するカードなどで済ませる場合が多いのです。

 

供花のお礼は忘れがち

供花のお礼は、意外と忘れがちな事が多いです。

 

一般の方の場合は、お香典に対するお礼は当日返しで済ませるので、後返しが大体の場合ありません。

 

ですが、その方が供花を出していた場合は・・・・

 

供花のお礼をするのが、正式な礼儀と言えるでしょう。

 

供花のお礼

供花のお値段は1万円から1.5万円くらいが多いです。

 

ただし供花は、お香典のようにお金が残るものではないので、3千円くらいのお気持ちのお礼でいいでしょう。

 

スポンサーリンク