スポンサーリンク

喪主のやること!簡単まとめ!

 

家族葬の場合の喪主のやることをまとめました。

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬の場合の喪主の役割をみていきましょう。

 

葬儀社を決定

お身内がお亡くなりになった後は、すぐに葬儀社を決定しなければなりません。

 

ご遺体の搬送は葬儀社に依頼するからです。

 

安置所の決定

ご遺体の安置先を決定します。

 

ご自宅、またはそれ以外の場合は葬儀社に相談しましょう。

 

家族葬・一般葬の打合せ

葬儀社との打合せを行います。

 

葬儀の日程や葬儀の形式、お香典返しや食事の内容など、を決定します。

 

参列者への通知

葬儀の日程を参列者へ通知します。

 

家族葬の場合は親族だけで済みますが、一般葬の場合は訃報を作成してすべての関係者へ通知をします。

 

訃報は葬儀社が作成してくれます。

 

お寺との打合せ

お寺さんと戒名の事やお布施などの話をする必要があります。

 

お通夜の役割

お通夜の時は、お寺さんや親族、参列者など親族遺族の代表としてお迎えします。

 

告別式の役割

告別式が終わり、出棺の前に、遺族・親族を代表して出棺のご挨拶をとりおこないます。

 

また最後のお食事、精進落としの前にも一言、ご挨拶が必要です。

 

ご挨拶の内容は例文が葬儀社にありますので、確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク