スポンサーリンク

お通夜のながれは?

 

お通夜のながれとは?意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

日本では、仏式の葬儀が一番多いですね。

 

日華多磨葬祭場の仏式の家族葬を例にまとめてみました。

 

お通夜の開式前に着席

ご遺族、ご親族はお通夜の開式前に葬儀場内へ着席します。

 

日華多磨葬祭場のお通夜

日華多磨葬祭場のお通夜の開式は午後6時がほとんどです。

 

それは日華多磨葬祭場でなく、その他の葬儀場でもほとんどの場合でそうです。

 

家族葬だろうと一般葬であろうと開式時間は同じです。

 

お坊さんが入場

お坊さんが入場してきて、着席してお経を読みます。

 

お焼香

お坊さんがお経を読んでいる間に、ご遺族、ご親族、一般の方と焼香します。

 

焼香の順番は、一般の方の人数が多い場合は、開式してすぐに一般の方のお焼香をご案内する事もあります。

 

人数が少ない場合は、最初のご遺族、そしてご親族がお焼香した後に、一般の方をお焼香所へご案内します。

 

お寺さんのお経は約40分くらい

お寺さんのお経は、だいたい40分から45分くらいです。

 

お寺さんがお経を読み終えると退場します。

 

お寺んさが退場されれば、お通夜の儀も終了となります。

 

お通夜の場合、喪主は特に挨拶などは行いません。

※地域によっては挨拶するところもあるようです。

 

スポンサーリンク