スポンサーリンク

通夜・告別式の服装のマナーは?

 

家族葬においてお通夜や告別式の服装のマナーはどうなのでしょうか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬を例にまとめてみました。

 

お通夜の服装マナーは?

昨今、日華多磨葬祭場にお通夜に来られる方のほぼ100%が喪服です。

 

喪服でない方も、ごくまれにお見受けしますが、滅多におりません。

 

お通夜の時間に来られず、終わった後に来られる方で、私服や仕事の服装で来るひとも、ときどきいます。

 

現在では、ほぼ100%でお通夜にみなさん、喪服で参列されるので、喪服でないと常識しらずととられても仕方がないでしょう。

 

昔はお通夜は喪服でなくてよかった?

昔はお通夜に喪服で行く必要はなかったと、言っていた事もあります。

 

地域性もあるかと思います。

 

昔はお通夜はお亡くなりなった当日や次の日がほとんどでした。

 

ですので、みなさん突然に聞く事が多く、喪服が準備できなかったというのが本音のようです。

 

逆に喪服で行くと、喪服を準備するという意味で、悪い意味で考えられる事もあったようです。

 

告別式の服装のマナーは?

告別式の服装もお通夜同様で、喪服です。

 

日華多磨斎場に告別式においては、ほぼ100%喪服です。

 

お通夜ではまれに喪服でない方を見ますが、告別式ではほぼ見かけません。

 

時間的にお通夜は仕事が終わった後、告別式はそうではないことも影響しているように思います。

 

スポンサーリンク