スポンサーリンク

遺族だけで葬儀をする

 

家族葬でも遺族だけで葬儀をする場合もありますか?

 

 

日華多磨葬祭場の家族葬の場合を例に遺族だけの葬儀についてまとめました。

 

遺族だけの家族葬は少ない

日華多磨葬祭場の家族葬の現状をみてみると遺族だけの家族葬は少ないです。

 

遺族だけということになると、本当に一緒に暮らしている家族だけになります。

 

4人家族でお父さんが亡くなった場合、遺族はお母さんと子供2人の3人だけです。

 

なので3人で家族葬ということになります。

 

家族だけで家族葬を行っても問題ありませんし、実際に家族だけで家族葬を行う方もいます。

 

親戚付き合いも希薄になってきている昨今、家族だけの家族葬も、今後は増えてくる可能性が高いです。

 

なぜ?遺族だけの家族葬は少ない

葬儀を行うのであれば、祭壇も必要ですし、お寺さんも呼びますので、お金もかかります。

 

せっかくお金もかけてるので、家族だけでなく親族や特に親しい友人などには声をかけるのです。

 

ですので家族葬の場合は、遺族にプラスアルファで親族や友人などが、ほとんどの場合であるのです。

 

遺族だけだと火葬のみになる

現状、遺族だけの場合は、ほとんど火葬のみになります。

 

火葬のみはお通夜や告別式をおこないません。

 

お通夜や告別式をおこなわないので、親族や友人を呼ぶほどでもないということで、遺族だけが多いのです。

 

スポンサーリンク