スポンサーリンク

告別式の参列!おさえておきたいマナー!

 

告別式に参列する時の最低限のマナーなどはあるので

しょうか?

 

 

たとえば、日華多磨葬祭場における家族葬の告別式。

マナーについてまとめてみました。

 

マナー① 告別式に行く時間

日華多磨葬祭場など東京近郊の告別式のながれを説明します。

 

最近では、告別式から続けて初七日の御法要を一緒に執り行う

場合が圧倒的に増えています。

 

たとえば開式が午前11時だとします。

 

11時30分までが告別式。

その後、10分程度で初七日法要を執り行います。

 

つまり開式して30分以内にお焼香をしなければ、厳密にいう

と、初七日法要になってしまい、告別式ではなくなってしまい

ます。

 

ですので開式して30分以内には必ずお焼香が済ませられるよ

うに考えて来場しましょう。

 

マナー② 帰る時間

告別式(初七日法要)が終わると、お別れの儀へと移ります。

 

お棺に、お花をお納めして、最後のお別れを行います。

 

その後、ご出棺となります。

 

せっかく告別式に参列されたのですから、お時間があれば

ご出棺までお見送りされていいでしょう。

 

マナー② ご収骨を精進落とし

ご出棺された後は、ご収骨を精進落とし(食事)があり

ますが、これはよっぽど親しいか、遺族からご案内され

なければ、基本的には同行しません。

 

場合にもよりますが、基本的には同行されない事が、ほと

んとですね。

 

スポンサーリンク