スポンサーリンク

葬儀のマナー!遺族へのお悔やみの言葉!

 

葬儀に参列した時に、ご遺族にいったいどんなお悔やみの

言葉をかければ、元気づけれられるだろう・・・

って思った事がある人も多いかと思います。

 

 

日華多磨葬祭場における葬儀や家族葬の時に、どんなお悔や

みの言葉がいいか、まとめました。

 

ご愁傷様でございます

「このたびは、ご愁傷様でございます。」

これは、目上の方に言う場合のお悔やみの言葉です。

 

たとえば、友人の父親が亡くなった場合、父親の奥様

であったり、父親や奥さまのご兄弟に対して、言う

お悔やみの言葉ですね。

 

「心よりご冥福をお祈り申し上げます」

と最後に付け加えるの良いでしょう。

 

お悔やみ申し上げます

「このたびは、お悔やみ申し上げます。」

目上の方に対して、お悔やみの言葉を述べる場合です。

 

喪主が目上の方の場合は、このように述べます。

 

最後に、

「ご冥福を心より、お祈り申し上げます」

 

すごく残念だよ・・・

たとえば友人の親が亡くなった場合などは、

「ご愁傷様です」ってなんだか違和感を感じる人が多いと

思います。

 

友人の場合は、もっと自然に力になれる言葉をかけたい

ですよね。

 

たとえば、

「○○の親父さんなんだから、○○に似て優しい人だった

んだろうな・・・残念だよ。」

「何か困った事があったら、協力するから遠慮なく何でも

言ってくれ。」

「なんて言っていいか言葉がみつからないけど・・・」

 

友人の気持ちをくんで、自然に声をかけてあげましょう。

 

スポンサーリンク