スポンサーリンク

日華多磨葬祭場の家族葬とは

 

日華多磨葬祭場の家族葬とは

 

 

日華多磨葬祭場ですが、正式には火葬炉がある建物を多磨葬祭場。

葬儀場がある建物を日華斎場といいます。

 

日華斎場と多磨葬祭場が並列に建てられています。

 

株式会社日華により運営されています。

なぜ日華多磨葬祭場の家族葬が増えているのかみていきましょう。

 

家族葬の増える理由① 精神的な負担がない

家族葬の場合、精神的な負担がありません。

 

これはどういうことでしょうか?

家族葬の場合、一般の方の参列がないので気を使う必要

がりません。

精神的に楽だということです。

 

一般葬の場合をみてみましょう。

 

参列される方々を考えてみると、

まずご近所の方、町会の方々、

そして会社関係の方々、

あと家族それぞれの友人の方々、

その他、関係する会の方々

などなど

 

まだまだ呼ぶ人いるかもしれません。

 

葬儀の当日は失礼がないように、すべての

方々に気を使わなければなりません。

 

精神的な負担は大変なものになるのはあきらかです。

 

家族葬の増える理由② 費用の削減

家族葬だと葬儀費用が安くなると思っていませんか?

それは間違いはありません。

 

しかし、注意が必要です。

家族葬でも費用が高かった、なんていう方もいます。

なぜでしょう?

 

それは家族葬でも商品のグレードを上げれば、費用が

高くなるのです。

 

葬儀の場合、祭壇やお棺のグレード、お料理や当日返し

のグレードなど、様々なグレードがあります。

 

このグレードが高ければ、高くなるのです。

 

家族葬の場合、ご家族だけなので、グレードは下がる傾向

にあります。

 

ですので家族葬の費用も比較的に下がる傾向にあるのです。

 

家族葬の増える理由③ オールインワン型

家族葬が増えている理由にオールインワン型と言う事

があげられます。

 

オールインワン型とは・・・その名の通り・・・

1つの中ですべてができる・・・という意味です。

 

日華多磨葬祭場では、

お通夜から翌日の告別式、お別れから火葬塔までご出棺、

ご収骨からお食事まで、葬儀のすべてのながれを行う事

が可能なのです。

 

日華多磨葬祭場という1つの場所で、葬儀のすべてが

執り行えるのです。

 

移動の負担がなくなり時間的にもかなりの短縮に

なります。

 

葬儀場と火葬場の場所が異なり、

マイクロバスや自家用車などで移動がある場合は、

ご年配の方や小さいお子様は大変ですからね。

 

また、移動があるだけで2時間くらいは時間が

余計にかかってしまいます。

 

そしてマイクロバスや霊柩車を利用せずに済む

ので出費もかなり抑えられます。

 

日華多磨葬祭場の家族葬

日華多磨葬祭場には合計で3つの葬儀場があります。

 

思親殿が1つ

行華殿が2つ

 

思親殿が80名様ほどが着席できる大規模な葬儀場です。

 

行華殿は36名様ほどが着席できる葬儀場です。

小規模な一般葬や家族葬でよく利用されています。

 

日華多磨葬祭場が選ばれる理由

日華多磨葬祭場が選ばれる最大の理由は、オールインワン型

の斎場というのが大きな理由です。

 

日華多磨葬祭場ではオールインワン型の家族葬が増えています。

 

家族葬であればオールインワン型の葬儀場、つまり日華多磨葬祭場

が選びやすいのです。

 

どういうことかと言いうと・・・・

 

一般葬だと、ご近所や町会の方々が参列しやすいように、近所

の葬儀場にしなければならなかったり・・・

会社の方々が参列しやすいように会社の近くの葬儀場を選ばな

ければならなかったりと・・・・

 

火葬場が併設されていない葬儀場になってしまうので、

移動がありオールインワン型ではなくなってしまいます。

 

葬儀場選びも様々な事情が影響するわけです。

 

家族葬であれば、家族の希望により葬儀場を選ぶ事ができます。

 

ですので家族葬でオールインワン型が増えているのです。

 

日華多磨葬祭場は理想的にオールインワン型の斎場なのです。

 

スポンサーリンク

Posted by ikrff8e156wrd68