スポンサーリンク

日華多磨葬祭場のお香典返し

 

日華多磨葬祭場に葬儀に行くとたくさんの方が持っている

手提げ袋、あれ、なんだかわかりますか?

 

 

お香典返しと言うんですよ。

 

ここでは日華多磨葬祭場におけるお香典返しについて、

説明していきますね。

 

お香典返しとは・・・

お香典返しとは、葬儀の時にみなさんが持ってきてくれる

お香典に対しての、お返し物ですね。

 

これは字で読んでのごとくですので、わかりやすいですよね。

 

昔のお香典返しは、後日に行う事が多かったようですが、

昨今では、当日にお香典返しをお渡しする場合がほとんど

になっています。

 

ですので当日返しとか即返しとも呼ばれます。

 

その方が、ご家族の葬儀後の負担が減るからという点が

メリットですね。

 

お香典返しはどこに依頼するの?

お香典返しはどこに依頼するのでしょうか?

 

日華多磨葬祭場に依頼するでしょうか?

 

実は日華多磨葬祭場はお香典返しには何も関係ありません。

 

日華多磨葬祭場は、葬儀場を貸し出しているだけです。

火葬業務や控室の貸出、また飲み物の提供は行いますが、

葬儀の施行や内容については関与していません。

 

あくまでも葬儀の施行、管理、運営を行う葬儀社がお香典返し

の依頼も受けたまわります。

 

ですのでお香典返しは葬儀を依頼した葬儀社に頼む事になります。

 

お香典返しの相場はいくらぐらい?

お香典返しを準備する場合、相場はどれくらいなんでしょう?

 

いくらぐらいのお返し物を準備すればいいのでしょうか?

 

相場は2000円から35000円くらいです。

 

お香典返しは、葬儀の時にお香典を持ってきた方に対して

お配りします。

 

一般的にはお香典が1万円以下の方々に関しては、当日の

お香典返しのみでお返し物は終了です。

 

ですので、2000円から3500円くらいの金額のお返しをして

おけば、お食事代と含めて5000円くらいになりますので、

1万円の方でも失礼のないお返しとなります。

 

よりお香典が高額な方々のみ、後日、あらためてお返し物

をお送りします。

 

お香典返しの品物は?

お香典返しの品物で定番なのは、やはりお茶とのり、

ですよね。

 

その他、梅干しやヨウカン、シャケ缶などなど、和食が

もっぱら多いです。

 

しかし、最近ではコーヒーやクッキー、有名なお店の菓子類

なども増えてきました。

 

なのでお香典返しも多種多様化してきています。

 

お香典返しは自分で用意してもいいの?

お香典返しは自分で用意してもいいのか?

実はご自分で用意されても、まったく問題ありません。

 

しかし、ご自分で用意される場合、注意点や面倒な点が

たくさんあるんです。

 

まず最初に、ご自分で用意する場合、会葬礼状を自作か

外注しなければなりません。

 

通常、葬儀社さんにお香典返しを依頼すると会葬礼状も一緒に

作成してくれます。

 

しかし、自分でどこかのお店に依頼する場合、おそらくその

お店は会葬礼状を作成できないでしょう。

 

結果、外注となり経費がかさむ場合があります。

 

また会葬礼状を作成したら、それを1枚1枚、お返し物に入れ

なければなりません。

たいへんですよね~。

 

お配りする時用の袋、のし、なども専門店でないと、なか

なか準備するのが難しいかもしれまえせん。

 

人数が足りない場合も追加対応も通常のお店では難しい

でしょう・・・

 

スポンサーリンク

Posted by ikrff8e156wrd68